基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問02
問02   不良品が製造された確率

 ある工場では,同じ製品を独立した二つのライン A,B で製造している。 ライン A では製品全体の 60 %を製造し,ライン B では 40 %を製造している。 ライン A で製造された製品の2%が不良品であり,ライン B で製造された製品の1%が不良品で あることが分かっている。いま,この工場で製造された製品の一つを無作為に抽出して調べたところ, それは不良品であった。その製品がライン A で製造された確率は何%か。

ア 40       イ 50       ウ 60       エ 75
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

  • @ ライン A で製造された不良品である確率= 0.6 × 0.02 = 0.012
  • A ライン B で製造された不良品である確率= 0.4 × 0.01 = 0.004
  • B 製造された製品が不良品である確率= @+A= 0.016
  • 製品がライン A で製造された確率=
       @÷B= 0.012 ÷ 0.016 = 0.75

【平成14年春 問06 応用情報】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]