基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問09
問09   アドレス指定方式

 主記憶のデータを図のように参照するアドレス指定方式はどれか。

ア 間接アドレス指定        イ 指標アドレス指定

ウ 相対アドレス指定        エ 直接アドレス指定


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア: 正しい。 間接アドレス指定は、命令のアドレス部の値が指定するアドレスの 記憶場所にある値を使用するのではなく、その値が示すアドレスに 格納されている値が処理対象となる方式である。
イ: 指標アドレス(インデックスアドレス)指定は、命令のアドレス部の値と 指標(インデックス)レジスタの値を加算した値を使用する方式である。
ウ: 相対アドレス指定は、命令のアドレス部の値とプログラムカウンタの値を 加算した値を使用する方式である。
エ: 直接アドレス(絶対アドレス)指定は、命令のアドレス部に処理対象となるデータの アドレスを指定する方式である。

【平成16年秋 問18】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]