基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問34
問34   NTPによる時刻合わせの仕組み

 図は NTP による時刻合わせの基本的な仕組みを表している。NTP サーバからの応答には, NTP サーバでの問合せ受信時刻と,応答送信時刻が含まれており, PC は図に示した四つの時刻からサーバ時刻とのずれを計算する。このとき, PC の内部時計は NTP サーバの時計と比べてどれだけずれているか。 ここで,伝送遅延は問合せと応答で等しいものとする。また,図中の時刻は, PC と NTP サーバのそれぞれの内部時計の時刻であり, aa:bb:cc:dddddd は aa 時 bb 分 cc.dddddd 秒( dddddd はマイクロ秒)を表す。

ア 100 マイクロ秒進んでいる。

イ 200 マイクロ秒進んでいる。

ウ 500 マイクロ秒進んでいる。

エ 700 マイクロ秒進んでいる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 PC からの「問合せ時刻」から「応答受信時刻」までの時間は、900−100=800 マイクロ秒である。 NTP サーバの「問合せ受信時刻」から「応答受信時刻」までの時間は、400−200=200 マイクロ秒である。

 よって、伝送遅延は(800−200)÷2=300 となる。

 PC からの「問合せ時刻」が 100 で、NTP サーバの「問合せ受信時刻」が 200 なので、 PC の内部時計は、200 マイクロ秒進んでいる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]