基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問39
問39   認証局が第三者機関として果たす役割

 PKI における認証局が,信頼できる第三者機関として果たす役割はどれか。

ア 利用者からの要求に対して正確な時刻を返答し,時刻合わせを可能にする。

イ 利用者から要求された電子メールの本文に対して,ディジタル署名を付与する。

ウ 利用者やサーバの公開鍵を証明するディジタル証明書を発行する。

エ 利用者やサーバの秘密鍵を証明するディジタル証明書を発行する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 PKI(公開鍵基盤)は、公開鍵暗号の技術を用いた安全なセキュリティ基盤のことである。

 公開鍵暗号方式では、誰でも閲覧可能な公開鍵(暗号化鍵)と本人しか知らない秘密鍵(復号鍵)を使う。 公開鍵で暗号化したものは秘密鍵でないと復号化できない。 また、秘密鍵で暗号化したものは公開鍵でないと復号化できない。

 PKI(公開鍵基盤)の認証局の役割は、公開鍵の正当性を保証するディジタル証明書を発行することである。

ア: NTP サーバ の役割である。
イ: S/MIME の役割である。
ウ: 正しい。
エ: 認証局が証明するのは利用者の公開鍵である。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]