基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問43
問43   ビヘイビア法に分類されるもの

 ウイルス検出におけるビヘイビア法に分類されるものはどれか。

ア あらかじめ検査対象に付加された,ウイルスに感染していないことを保証する情報と,検査対象から算出した情報とを比較する。

イ 検査対象と安全な場所に保管してあるその原本とを比較する。

ウ 検査対象のハッシュ値と既知のウイルスファイルのハッシュ値とを比較する。

エ 検査対象をメモリ上の仮想環境下で実行して,その挙動を監視する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア: チェックサム法 の説明である。
イ: コンペア法 の説明である。
ウ: ハッシュ値を使用した検出手法の説明である。
エ: 正しい。 ビヘイビア法 の説明である。

【平成25年秋 問41 応用情報】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]