基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問80
問80   コンピュータウイルスの行為を処罰する法律

 コンピュータウイルスを用いて,企業で使用されているコンピュータの記憶内容を 消去する行為を処罰の対象とする法律はどれか。

ア 刑法        イ 製造物責任法

ウ 不正アクセス禁止法        エ プロバイダ責任制限法


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア: 正しい。 コンピュータウイルスを用いて、企業で使用されているコンピュータの記憶内容を 消去する行為は、刑法 234 条の「電子計算機損壊等業務妨害罪」による処罰の対象になる。
イ: 製造物責任法は、製造物の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた場合における製造業者等の 損害賠償の責任について定めるものである。
ウ: 不正アクセス禁止法は、他人のパスワードを使って、権限なしにインターネット経由でコンピュータに アクセスする行為を禁止する法律である。
エ: プロバイダ責任制限法は、インターネットを使って、プライバシーや著作権の侵害があったときに、 プロバイダが負う賠償の範囲や情報の開示に関する法律である。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]