基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成29年 春期 基本情報技術者 午前 問17
問17   バッファサイズを表す関係式

 図の送信タスクから受信タスクに T 秒間連続してデータを送信する。 1秒当たりの送信量を S,1秒当たりの受信量を R としたとき, バッファがオーバフローしないバッファサイズ L を表す関係式として適切なものはどれか。 ここで,受信タスクよりも送信タスクの方が転送速度は速く, 次の転送開始までの時間間隔は十分にあるものとする。

ア L<(R−S)×T        イ L<(S−R)×T

ウ L≧(R−S)×T        エ L≧(S−R)×T


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 受信タスクよりも送信タスクの方が転送速度が速いため、 データを送信するとバッファの溜まる可能性がある。

 1秒当たりの送信量を S、1秒当たりの受信量を R とすると バッファの溜まるデータ量は、(S−R) となる。 T 秒間連続してデータを送信するとバッファの溜まるデータ量は、(S−R) ×T となる。

 よって、バッファがオーバフローしないバッファサイズ L を表す関係式は、 L≧(S−R)×T となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]