基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成29年 春期 基本情報技術者 午前 問66
問66   要件定義プロセスで実施すべきもの

 企画,要件定義,システム開発,ソフトウェア実装,ハードウェア実装, 保守から成る一連のシステム開発プロセスにおいて,要件定義プロセスで実施すべきものはどれか。

ア 事業の目的,目標を達成するために必要なシステム化の方針,及びシステムを実現するための実施計画を立案する。

イ システムに関わり合いをもつ利害関係者の種類を識別し,利害関係者のニーズ,要望及び課せられる制約条件を識別する。

ウ 目的とするシステムを得るために,システムの機能及び能力を定義し,システム方式設計によってハードウェア,ソフトウェアなどによる実現方式を確立する。

エ 利害関係者の要件を満足するソフトウェア製品又はソフトウェアサービスを得るための,方式設計と適格性の確認を実施する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 「要件定義プロセス」では、 新たに構築する業務、システムの仕様、及びシステム化の範囲と機能を明確にし、 業務上実現すべき要件を定義する。

 要件定義プロセスの活動内容には、利害関係者の識別、要件の識別、 要件の評価、要件の合意などがある。

ア:企画プロセスの記述である。

イ:正しい。

ウ:開発プロセスの記述である。

エ:開発プロセスの記述である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]