基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成29年 秋期 基本情報技術者 午後 問03
問03   4問選択

 会員制通信販売事業者における会員販売データ管理に関する次の記述を読んで, 設問1〜4に答えよ。

 

 清涼飲料水の会員制通信販売事業を運営するD社では,販売促進と商品管理の効率化を 目的に会員情報や販売情報を管理するシステム(以下,販売管理システムという)を, 事業開始当初から導入している。注文の受付は電話応対で行い, 電話の受付時間は8時から 20 時までである。

 販売管理システムで利用するデータベースの表構成とデータ格納例を,図1に示す。 下線付きの項目は主キーである。

 

図1 販売管理システムで利用するデータベースの表構成とデータ格納例

 

設問1  販売促進のために, コーヒーの新商品案内のはがきを送ることになった。 その際,購入しそうな会員に効率よく案内するために, 2016 年の1月1日から 12 月 31 日までの1年間において, 分類がコーヒーである商品を5回以上購入し,かつ,その購入額の合計が 10,000 円以上である会員の氏名,郵便番号,住所を抽出することにした。 ここで,1回の購入は販売明細表の 1 行に該当するものとする。 次の SQL 文の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。

 

SELECT 会員表.氏名, 会員表.郵便番号, 会員表.住所
 FROM 会員表 WHERE 会員表.会員番号 IN
  (SELECT 販売表.会員番号
    FROM 販売表, 販売明細表, 商品表
    WHERE 販売表.伝票番号 = 販売明細表.伝票番号 AND
       商品表.商品番号 = 販売明細表.商品番号 )

 

a に関する解答群 ア AND 販売表.販売日 >= '2Ø16-Ø1-Ø1' AND 販売表.販売日 <= '2Ø16-12-31'
  AND 商品表.分類 = 'コーヒー'
  AND 商品表.単価 * 販売明細表.個数 >= 1ØØØØ
  GROUP BY 販売表.会員番号
  HAVING COUNT(*) >= 5

イ AND 販売表.販売日 >= '2Ø16-Ø1-Ø1' AND 販売表.販売日 <= '2Ø16-12-31'
  AND 商品表.分類 = 'コーヒー'
  GROUP BY 販売表.会員番号
  HAVING SUM(商品表.単価 * 販売明細表.個数) >= 1ØØØØ
   AND COUNT(*) >= 5

ウ AND 販売表.販売日 >= '2Ø16-Ø1-Ø1' AND 販売表.販売日 <= '2Ø16-12-31'
  GROUP BY 販売表.会員番号
  HAVING 商品表.分類 = 'コーヒー'
   AND SUM(商品表.単価 * 販売明細表.個数) >= 1ØØØØ
   AND COUNT(*) >= 5

エ GROUP BY 販売表.会員番号
  HAVING 販売表販売日 >= '2Ø16-Ø1-Ø1' AND 販売表.販売日 <= '2Ø16-12-31'
   AND 商品表.分類 = 'コーヒー'
   AND SUM(販売表.販売額) >= 1ØØØØ
   AND COUNT(*) >= 5

 

解答 a ←クリックすると正解が表示されます

基本情報技術者試験


設問2   商品表の単価を何回でも変更できるようにする。併せて,販売時点の単価が分かるように, 販売明細表の項目として販売時点の単価を追加することにした。変更した販売明細表の表構成を, 図2に示す。商品表の単価の変更は,当日の受付時間前に行う。 販売時点の単価の追加によって得ることができる情報として最も適切な答えを,解答群の中から選べ。

 

図2 変更した販売明細表の表構成

 

解答群 ア ある時,ある商品をある会員が購入した単価と,その直後に変更された単価との価格差

イ 実際に購入された商品の,販売時点の単価の変遷

ウ 全ての商品の,単価の変遷

エ 全ての商品の,直近の単価変更日の前日における単価

解答 ←クリックすると正解が表示されます

基本情報技術者試験


設問3   商品表の単価を変更できるようにした後の販売状況を把握するために, 2017 年の1月1日から6月 30 日までの半年間を対象に,商品表の分類別の販売額の 合計(合計販売額)を会員の年齢ごとに求めて,出力したい。年齢は 2017 から 生年を引いた値とする。次の SQL 文の に入れる正しい答えを, 解答群の中から選べ。ここで,b1 〜 b3 に入れる答えは,b に関する解答群の中から 組合せとして正しいものを選ぶものとする。

SELECT 年齢, 分類, AS 合計販売額
 FROM
   (SELECT 2Ø17 - 会員表.生年 AS 年齢, 商品表分類,
     FROM 会員表, 販売表, 販売明細表, 商品表
     WHERE 会員表.会員番号 = 販売表.会員番号 AND
        販売表.伝票番号 = 販売明細表.伝票番号 AND
        販売明細表.商品番号 = 商品表.商品番号 AND
        販売表.販売日 >= '2Ø17-Ø1-Ø1' AND
        販売表.販売日 <= '2Ø17-Ø6-3Ø'
   ) FACTTB
  GROUP BY
ORDER BY 年齢 ASC, 合計販売額 DESC

 

b に関する解答群

 

解答 b ←クリックすると正解が表示されます

基本情報技術者試験


設問4   入荷情報を管理するシステム(以下,入荷管理システムという)を販売管理システムと 同時に運用開始している。入荷管理システムで利用するデータベースの表構成を図3に示す。

 ビュー入荷集計表は運用開始から現在までの入荷数の総数を表示する。 さらに販売総数を把握するためにビュー販売集計表を,最新の在庫数を把握するために ビュー在庫表を作成する。ビュー在庫表は一度でも入荷した商品は在庫数ゼロでも表示する仕様である。 データベースに追加する表の構成を,図4に示す。

 次の記述中の に入れる正しい答えを, 解答群の中から選べ。ここで,c1 と c2 に入れる答えは,c に関する解答群の中から 組合せとして正しいものを選ぶものとする。

 

 図1〜図3の表を用いて,図4のビュー販売集計表を作成するための必要最小限の表の数は である。 図4のビュー在庫表は,ビュー販売集計表を用いて作成する。 このとき,ビュー在庫表を作成するための必要最小限の表の数は, ビュー販売集計表も含めて である。

 

図3 入荷管理システムで利用するデータベースの表構成

 

図4 入荷管理システムのデータベースに追加する表の構成

 

c に関する解答群
        c1               c2      
 ア        1        2 
 イ        1        3 
 ウ        2        2 
 エ        2        3 
解答 c ←クリックすると正解が表示されます


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [基本情報技術者試験TOP ]