基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問40
問40   SPFの仕組み

 SPF(Sender Policy Framework)の仕組みはどれか。

ア 電子メールを受信するサーバが,電子メールに付与されているディジタル署名を使って,送信元ドメインの詐称がないことを確認する。

イ 電子メールを受信するサーバが,電子メールの送信元のドメイン情報と,電子メールを送信したサーバの IP アドレスから,ドメインの詐称がないことを確認する。

ウ 電子メールを送信するサーバが,送信する電子メールの送信者の上司からの承認が得られるまで,一時的に電子メールの送信を保留する。

エ 電子メールを送信するサーバが,電子メールの宛先のドメインや送信者のメールアドレスを問わず,全ての電子メールをアーカイブする。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 SPF(Sender Policy Framework)は、メールの送信元アドレスの偽装を防止する技術である。 電子メールの送信元のドメイン情報と電子メールを送信したサーバの IP アドレスから、メールの受信側で 正規のサーバから送られた電子メールかどうかを検証する方式である。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]