基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問57
問57   バックアップに関する記述

 サーバに接続されたディスクのデータのバックアップに関する記述のうち,最も適切なものはどれか。

ア 一定の期間を過ぎて利用頻度が低くなったデータは,現在のディスクから消去するとともに,バックアップしておいたデータも消去する。

イ システムの本稼働開始日に全てのデータをバックアップし,それ以降は作業時間を短縮するために,更新頻度が高いデータだけをバックアップする。

ウ 重要データは,バックアップの媒体を取り違えないように,同一の媒体に上書きでバックアップする。

エ 複数のファイルに分散して格納されているデータは,それぞれのファイルヘの一連の更新処理が終了した時点でバックアップする。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。 一定の期間を過ぎて利用頻度が低くなったデータでも、利用される可能性があるので、 バックアップしておいたデータも消去することはない。

イ:誤り。 バックアップしたものは、その時点にしかリストアできないので、 更新頻度が高いデータだけをバックアップするのは間違いである。

ウ:誤り。 同一の媒体に上書きでバックアップするとバックアップ中にエラーが発生した場合は、 以前にバックアップしたデータも紛失してしまう。

エ:正しい。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]