基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問64
問64   ワークフローを表す図

 UML をビジネスモデリングに用いる場合,ビジネスプロセスの実行順序や条件に よる分岐などのワークフローを表すことができる図はどれか。

ア アクティビティ図       イ オブジェクト図

ウ クラス図           エ コンポーネント図


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:正しい。 アクティビティ図は、システムなどの流れを記述する表記法である。

イ: オブジェクト図は、オブジェクトのインスタンス間の構造を示す図である。

ウ: クラス図は、システム内に存在するクラス同士の静的な構造を記述し、 システムの機能に着目し、問題領域を論理的に見るための図のことを指す。

エ: コンポーネント図は、内部構造やコンポーネント間の相互作用を表現するための図である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]