基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問76
問76   不良率のロットの確率

 抜取り検査において,ある不良率のロットがどれだけの確率で合格するかを 知ることができるものはどれか。

ア OC 曲線          イ ゴンペルツ曲線

ウ バスタブ曲線        エ ロジスティック曲線


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:正しい。 OC 曲線(検査特性曲線)は、製品の抜き取り検査でロットの品質に対しての合格率を 示した曲線である。

イ: ゴンペルツ曲線は、ソフトウェア信頼度成長モデルの一つであり, テスト工程におけるバグ収束の判定に使用する。

ウ: ハードウェアの故障頻度は、横軸に導入からの経過時間、縦軸に故障頻度をとると バスタブを縦に切った断面のような曲線になり、バスタブ曲線と呼んでいる。

エ: ロジスティック曲線は、経済変量の傾向把握のために使われる曲線である。

【平成26年春 問75 応用情報】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]