基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成30年 春期 基本情報技術者 午後 問07
問07   4問選択

 収益の検討に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 小規模な部品メーカである R 社は,部品 T だけを生産して大手機械メーカに販売している。

設問1  次の記述中の に入れる適切な答えを,解答群の中から選べ。

 

 利益計画を策定するために,部品 T の販売数について2通りの検討を行った。 表1は,部品 T の販売数を 1,000 千個見込むケース X と, 1,200 千個見込むケース Y についての収益検討表である。両ケースの, 売上高に対する変動費の比率(以下,変動費率という)は等しく,固定費は同額である。

 

表1 収益検討表

 

 表1から,変動費率は %,固定費は 千円である。よって, 利益が 0 になる売上高(以下,損益分岐点売上高という)は, 千円となる。

 R 社では,販売先から値下げ要求があることを想定して,販売数及び変動費を変えずに 販売単価を下げた場合の値下げ率(値下げ額÷値下げ前の販売単価)と利益の計算を行った。 利益がマイナスにならない最大の値下げ率は,ケース X では %であり, ケース Y ではケース X

 

a に関する解答群 ア 25       イ 40       ウ 60       エ 75       オ 80 b に関する解答群

 

ア 16,000       イ 34,000       ウ 64,000       エ 104,000       オ 134,000

 

c に関する解答群 ア 45,333       イ 64,000       ウ 85,333       エ 136,000       オ 256,000

 

d に関する解答群 ア 4       イ 8       ウ 10       エ 12       オ 16

 

e に関する解答群 ア と変わらない       イ よりも大きい       ウ よりも小さい

 

解答 a ←クリックすると正解が表示されます

解答 b ←クリックすると正解が表示されます

解答 c ←クリックすると正解が表示されます

解答 d ←クリックすると正解が表示されます

解答 e ←クリックすると正解が表示されます

基本情報技術者試験


設問2  R 社は,変動費と固定費の合計(以下,費用という)と売上高の関係を他の3社と比較して,分析した。 その結果,変動費率は R 社が他社と比べて最も高いことが分かった。 売上高と費用の関係を示したグラフを,図1に示す。図1のグラフ@〜Cのうち, R 社に該当するものを,解答群の中から選べ。

 

図1 4社の売上高と費用の関係を示したグラフ

 

解答群 ア @       イ A       ウ B       エ C

 

解答 ←クリックすると正解が表示されます

基本情報技術者試験


設問3  R 社は,変動費率を下げる取組みを開始した。次の記述中の に 入れる適切な答えを,解答群のから選べ。

 

 R 社は,固定費を変えずに変動費率だけを下げることによって, 損益分岐点売上高を こととした。 そのために, 取組みを開始した。

 

f に関する解答群 ア 上げる       イ 下げる       ウ 0 にする

 

g に関する解答群 ア 原材料の単価を下げる

イ 社員の給与を上げる

ウ 販売数を増やす

エ 販売単価を下げる

解答 f ←クリックすると正解が表示されます

解答 g ←クリックすると正解が表示されます


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [基本情報技術者試験TOP ]