基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成16年 春期 基本情報技術者 午前 問14
問14   関数

 非負の整数 n に対して次のとおりに定義された関数 F ( n ), G ( n ) がある。 F (5) の値は幾らか。

F (n) : if n ≦ 1 then return 1 else return n × G ( n −1)

G (n) : if n = 0 then return 0 else return n F ( n −1)

ア 50     イ 65     ウ 100     エ 120
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

関数を理解すること

F (n) : if n ≦ 1 then return 1 else return n × G ( n −1) において、
if n ≦ 1 then return 1 は 、 n ≦ 1 ならば、F (n)=1
else return n × G ( n −1) は、他の場 合( n > 1) ならば、 n × G ( n −1)
同様に
G (n) : if n = 0 then return 0 else return n F ( n −1) において、
if n = 0 then return 0 は、 n = 0 ならば、G (n)=0
else return n F ( n −1) は、他の場 合( n ≠ 0) ならば、 n F ( n −1)
これらを理解した上で、 F (5) を上の式に代入していく
@ F (5) は、5>1 から、 F (5)=5× G (5−1)=5 × G (4)
A G (4) は、4≠0 から、 G (4)=4+ F (3) 以下同様にしていくと、
B F (3)=3× G (2)
C G (2)=2+ F (1)=2+1=3
よって、 F (3)=9、 G (4)= 13 、 F (5)= 65 となる


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]