基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成14年 春期 基本情報技術者 午前 問19
問19   プログラムカウンタ

 命令のオペランド部において,プログラムカウンタの値を基準とし, その値からの変位で実効アドレスを指定する方式はどれか。

ア インデックスアドレス指定     イ 絶対アドレス指定

ウ 相対アドレス指定         エ ベースアドレス指定


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:インデックスアドレス指定
 命令のアドレス部の値とインデックスレジスタの値を加算した値を使用する方式である。

イ:絶対アドレス指定
 命令のアドレス部に処理対象となるデータのアドレスを指定する方式である。

ウ:相対アドレス指定
 命令のアドレス部の値とプログラムカウンタの値を加算した値を使用する方式である。

エ:ベースアドレス指定
 命令のアドレス部の値とベースレジスタの値を加算した値を使用する方式である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]