基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成14年 春期 基本情報技術者 午前 問40
問40   電子メールの機密性

 インターネットにおける電子メールの機密性に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 電子メールの機密性を確保するためには,暗号化などの対策を講じる必要がある。

イ 電子メールの機密性を確保するためには,送信者が接続するプロバイダに受信者 ID の登録を依頼する必要がある。

ウ 電子メールを発信する場合,相手先アドレスによって相手先と1対1の経路が確立されるので,機密性は確保される。

エ ワープロソフトなどで作成した文書ファイルは,コンピュータの内部コードに変換されているので,通信経路の途中でその内容が読まれるおそれはない。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:正しい。

イ:誤り。プロバイダの受信者 ID の登録は、電子メールの送信に必要であるが、機密性は 保障されない。

ウ:誤り。インターネットで電子メールを発信する場合、相手先アドレスによって相手先と1対1で 経路が確立されるわけではない。

エ:誤り。ファイルを暗号化しないとワープロソフトなどで作成した文書ファイルもワープロソフトで 読むことが可能である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]