基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 春期 基本情報技術者 午前 問41
問41   共用ライブラリに要求される性質

 リアルタイムシステムにおいて,複数のタスクから並行して呼び出される共用ライブラリの プログラムに要求される性質として,適切なものはどれか。

ア リエントラント      イ リカーシブ

ウ リユーザブル       エ リロケータブル


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 再入可能プログラム(リエントラント)は、同時に2つ以上のプログラムから よび出すことができるプログラムである。 1つのタスク処理が終了する前に次のタスクの実行が可能なプログラムである。

 再帰的プログラム(リカーシブ)は、実行中のサブルーチンの中から 自分自身をよび出せるように作成してあるサブルーチンである。

 再使用可能プログラム(リユーザブル)は、一度主記憶にロードしておけば、 何回でも繰り返して使用することができるプログラムである。

 再配置可能プログラム(リロケータブル)は、プログラムを格納する場所を変えても 実行可能なプログラムである。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]