基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 春期 基本情報技術者 午前 問45
問45   共同作業を支援するソフトウェア

 電子会議,電子メールなどのコミュニケーション機能やバグ票管理などの ワークフロー支援機能をもち,人と人との共同作業を コンピュータによって支援するソフトウェアはどれか。

ア CASE              イ エージェント

ウ エキスパートシステム     エ グループウェア


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 グループウェアは、電子会議や電子メールなどのコミュニケーション機能や ワークフロー支援機能をもち、グループ間の共同作業をコンピュータによって 支援するソフトウェアである。

ア:CASE はソフトウェアの開発の各工程や保守を支援するソフトウェアである。

イ:エージェントは、人の変わりに処理を行うことができるソフトウェアである。

ウ:エキスパートシステムは、特定の分野に特化した知識データベースを使って推論を行ない、 その分野の専門家に近い判断をコンピュータが行うシステムである。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]