基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成14年 秋期 基本情報技術者 午前 問09
問09   パリティビットに関する問題

 7ビットの文字コードの先頭に1ビットの偶数パリティビットを付加するとき, 文字コード 30,3F,7A にパリティビットを付加したものはどれか。 ここで,文字コードは 16 進数で表している。

ア 30,3F,7A      イ 30,3F,FA

ウ B0,3F,FA      エ B0,BF,7A


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 文字を構成するビットのうち1になっているビットの数を数えて、奇数個の場合パリティビットを 1にして1の数を偶数個にするのが偶数パリティチェック方式である。

30 (16) = 0110000 (2) ゆえに、パリティビットは0。 従って 00110000 (2) = 30 (16)

3F (16) = 0111111 (2) ゆえに、パリティビットは0。 従って 00111111 (2) = 3F (16)

7A (16) = 1111010 (2) ゆえに、パリティビットは1。 従って 11111010 (2) = 250 (10) = FA (16)

(下付括弧内は進法をあらわす)


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]