基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 秋期 基本情報技術者 午前 問31
問31   実行状態の遷移

 図はマルチタスクで動作するコンピュータにおけるタスク(プロセス)の状態遷移を表したものである。 実行状態から実行可能状態への遷移が起こる場合はどれか。

ア 自分より優先順位の高いタスクが実行可能状態となった。

イ ジョブスケジューラによってタスクが生成された。

ウ 入出力オペレーションが完了した。

エ 入出力オペレーションを要求した。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 自分より優先順位の高いタスクが実行可能状態となったときに、 「実行状態から実行可能状態」への遷移が起こる。

イ:ジョブスケジューラによってタスクが生成された場合は、「実行可能状態」になる。

ウ:入出力オペレーションが完了した場合は、「待ち状態から実行可能状態になる」。

エ:入出力オペレーションを要求した場合は、「実行状態から待ち状態になる」。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]