基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 秋期 基本情報技術者 午前 問40
問40   再帰的な処理

 再帰的な処理を実現するためには,実行途中の状態を保存しておく必要がある。 そのための記憶管理方式として,適切なものはどれか。

ア FIFO     イ LFU     ウ LIFO     エ LRU


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 再帰的プログラム( recursive routine ) は、 実行中のサブルーチンの中から自分自身をよび出せるように作成してある。 再帰的プログラムでは、データなどをスタックを利用し、 先入れ後出し( FILO )で記録することがある。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]