基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 秋期 基本情報技術者 午前 問39
問39   電子メールに関する問題

 インターネットサービスプロバイダを利用し,存在しない受取人アドレスを指定して 電子メールを送信した場合の記述として,適切なものはどれか。

ア このようなメールは,インターネット上を転送され続けることになる。 このことが,インターネットの通信負荷を増大させており,大きな問題となっている。

イ このようなメールは,受取人がいないことが確認された時点で, NIC(ネットワークインフォメーションセンタ)によって廃棄される。

ウ このようなメールは,自分の契約しているプロバイダの DNS サーバで あて先不明と分かるので,ほかの DNS サーバを探しに行くことはない。

エ このようなメールを送信すると,受取人アドレスが正しくないことが 発信人やメールサーバの管理者に通知される。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 存在しない受取人アドレスを指定して電子メールを送信した場合、 受取人アドレスが正しくないことが発信人やメールサーバの管理者に通知される。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]