基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成14年 秋期 基本情報技術者 午前 問63
問63   CSMA/CD方式のLAN

 CSMA/CD 方式による 10 M ビット/秒の LAN に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 送信フレームの衝突が生じたときは,送信端末は送出を中断し,乱数に従った待ち時間の後に再送する。

イ 多数の端末が同時にデータを送出する場合は,伝送路が時分割多重化されるので,10 M ビット/秒の伝送速度は保証されない。

ウ 端末がデータの送信権を確保するためには,トークンを獲得する必要がある。

エ 端末ごとにタイムスロットが決められるので,必ずそのタイミングでデータを送信する必要がある。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 CSMA/CD( Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection )方式は、 ネットワーク上に転送中のデータがないことを確認(キャリア検知)した後、 データを転送する。もし、ネットワーク上でデータの衝突が起きた場合は、 データを再転送する。一般に CSMA/CD 方式の LAN のデータ伝送速度の最高は 10Mbps である。

ア:正しい。

イ:誤り。CSMA/CD では、伝送路を時分割多重化されない。

ウ:端末がデータの送信権を確保するために、トークンを獲得すのは、 トークンパッシング方式である。

エ:端末ごとにタイムスロットを決めて、データを送信する方式は TDMA 方式である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]