基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 秋期 基本情報技術者 午前 問70
問70   関係データベースの参照制約

 関係データベースのテーブル間に関連(外部キーによる主キーの参照)を 設定する目的として,適切な記述はどれか。

ア 関係する相互のテーブルにおいて,どちらかのレコードの更新や削除を行おうとしたとき, 他方のレコードに対して参照一貫性が満たされるよう,制約をもたせる。

イ 関係する相互のテーブルの格納場所を近くに配置することによって,検索,更新を高速に行う。

ウ 障害によって破壊されたレコードを,テーブル間の相互の関係から可能な限り復旧させる。

エ レコードの削除,追加の繰返しによる,レコード格納エリアの虫食い状態を防止する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 A表のキーがB表の外部キーになっている場合、A表からデータを削除すると B表に影響が出る場合がある。 この場合、A表に対して削除や更新を行っても関係する表に影響にでないように 制約をもたせる必要がある。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]