基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 秋期 基本情報技術者 午前 問71
問71   コンピュータウイルスに関する問題

 コンピュータウイルスに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア ウイルスの潜伏しているプログラムファイルがコンピュータ内に存在している場合であっても,コンピュータ利用者が意図的にファイルを起動しない限り感染しない。

イ ウイルスは,主記憶装置を物理的に破壊したり,コンピュータ利用者の意図しない動作を引き起こしたりする。

ウ ウイルスを検出・駆除するためのエンジンや定義ファイルなどが,最新のものに更新されているコンピュータでは感染しない。

エ 駆除作業では,ウイルスに感染していない OS 起動ディスクを使用することによって,ブートセクタからの感染を回避することができる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:ファイルを起動しなくても感染する恐れがある。

イ:ウイルスが主記憶装置を物理的に破壊することはない。

ウ:ウイルスを検出・駆除するためのエンジンや定義ファイルなどが, 最新のものに更新されていても、 さらに新しいウイルスに感染する恐れがある。

よってエが適当である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]