基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成14年 秋期 基本情報技術者 午前 問72
問72   セキュリティ技術に関する問題

 セキュリティ技術に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 地震や火災に対しては,フォールトトレラント方式のコンピュータによるシステムの二重化が有効である。

イ データの物理的な盗難や破壊に対しては,ディスクアレイシステムやファイアウォールが有効である。

ウ 伝送中のデータへの不正アクセスに対しては,HDLC プロトコルの CRC 方式が有効である。

エ メッセージの改ざんやなりすましによる不正アクセスに対しては, 公開かぎ暗号方式を応用したディジタル署名が有効である。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:フォールトトレラント方式はシステムのどこかで故障が発生しても処理を続ける 高信頼性システムのことで、地震や火災に対しては対処しきれない。

イ:ディスクアレイシステムとは並列に並べた記憶装置を1つの記憶装置のように制御する方式で、 信頼性の向上と処理速度の高速化を目的としたものである。またファイアーウォールはネットワーク経由の 不正アクセスを防ぐ仕組みである。

ウ:HDLC プロトコルはデータ転送を高能率、高信頼性で行うためのプロトコルであり、 CRC とはエラーチェックの方式である。

よって、エが適当である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]