基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成15年 春期 基本情報技術者 午前 問22
問22   実効メモリのアクセス時間

 メモリ A 〜 D を,実効メモリアクセスの速い順に並べたものはどれか。

  キャッシュメモリ 主記憶
有無 アクセス時間
(ナノ秒)
ヒット率
(%)
アクセス時間
(ナノ秒)
A なし 15
B なし 30
C あり 20 60 70
D あり 10 90 80
ア A,B,C,D      イ A,D,B,C

ウ C,D,A,B      エ D,C,A,B


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

データがキャッシュメモリに存在する確立をヒット率とよぶ。 データがキャッシュメモリになく、主記憶装置にある確立は、 (1−ヒット率)となる。

A:キャッシュメモリにないため、主記憶をアクセスするため、15 (ナノ秒)となる。

B:キャッシュメモリにないため、主記憶をアクセスするため、30 (ナノ秒)となる。

C:キャッシュメモリと記憶をアクセスする。
20 × 0.6 + 70 × 0.4 = 12 + 28 = 40 (ナノ秒)

D:キャッシュメモリと記憶をアクセスする。
10 × 0.9 + 80 × 0.1 = 9 + 8 = 17 (ナノ秒)

よって、A,D,B,C となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]