基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成15年 春期 基本情報技術者 午前 問30
問30   スラッシングの発生

 ぺージング方式の仮想記憶システムにおいて,スラッシングが発生しているときの状況はどれか。

  アプリケーションの CPU 使用率 主記憶と補助記憶の間のページ転送量
ア   高い 多い
イ   高い 少ない
ウ   低い 多い
エ   低い 少ない

解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ぺージング方式の仮想記憶システムで、ページフォールトが頻繁に発生する現象を スラッシングとよぶ。

 スラッシングが発生するとアプリケーションの処理は進まなくなる。 よって、「アプリケーションの CPU 使用率」は低くなり、 「主記憶と補助記憶の間のページ転送量」が多くなる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]