基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成15年 春期 基本情報技術者 午後 問01
問01   命令の実行に関する記述

 命令の実行に関する次の記述を読んで,設問に答えよ。

 1語が 16 ビットで,主記憶の容量が 65,536 語の計算機がある。 4個の汎用レジスタ(0〜3)とプログラムレジスタ(以下,PR という)をもつ。 命令語(2語長)の形式は次のとおりである。

OP R X I D adr

OP :命令コードを8ビットで指定する。 ここでは,次の三つの命令コードを用いる。

2016  実効アドレスを R で指定された汎用レジスタに設定する。

2116  実効アドレスが指す語の内容をRで指定された汎用レジスタに設定する。

FF16  実行を終了する。

R :汎用レジスタの番号(0〜3)を2ビットで指定する。
X :指標レジスタの番号(1〜3)を2ビットで指定する。 指標レジスタには,指定された番号の汎用レジスタを使用する。 ただし0が指定されたときは,指標レジスタによる修飾は行わない。
I :間接アドレス指定を行うときは1を行わないときは0を1ビットで指定する。
D :拡張用の3ビットで,常に0である。
adr:アドレスを 16 ビットで指定する。

 命令語の実効アドレスは,表のとおりに計算される。

  表 X ,I と実効アドレスの関係

X I 実効アドレス
0 0 adr
1 〜 3 0 adr +( X )
0 1 ( adr )
1 〜 3 1 ( adr +( X ))

注 ( ):( )内のレジスタ又はアドレスに格納されている内容を示す。

基本情報技術者試験


設問  次の記述中の に入れる正しい答えを, 解答群の中から選べ。

 汎用レジスタと主記憶の内容が図に示す値(値は 16 進数)のとき, PR に 010016 を設定してプログラムを実行した。 ここで,010016 番地の命令は,011B16 番地(下線)の内容 011316 を汎用レジスタ0に設定している。 実行終了時には,汎用レジスタ 0 に , 汎用レジスタ 1 に , 汎用レジスタ 2 に , 汎用レジスタ 3 に が設定される。

汎用レジスタ    0:0003  1:0000  2:0000  3:0000 
プログラムレジスタ PR:0100

主記憶

アドレス + 0 + 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7
00F8 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
0100 2100 011B 20C0 0003 2170 0111 21B8 011A
0108 FF00 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
0110 0000 0001 0002 0003 0004 0005 0006 0007
0118 0110 0111 0112 0113 0114 0115 0116 0117
0120 0118 0119 011A 011B 011C 011D 011E 011F

    図 汎用レジスタ,PR と主記憶の値

解答群

ア 000016    イ 000116    ウ 000216

エ 000316    オ 000416    カ 000516

キ 000616    ク 011316    ケ 011516

解答 a ←クリックすると正解が表示されます

解答 b ←クリックすると正解が表示されます

解答 c ←クリックすると正解が表示されます

解答 d ←クリックすると正解が表示されます


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [基本情報技術者試験TOP ]