基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成15年 秋期 基本情報技術者 午前 問79
問79   相関係数と回帰直線

 昨年度の入社試験問題と今年度の入社試験問題を比較するために, 大勢の社員に両年度の問題を解答させた。 昨年度の問題の得点を x 軸に,今年度の問題の得点を y 軸にとって, 相関係数と回帰直線を求めた。 結果に関する記述のうち,適切なものはどれか。

〔結果〕

相関係数は,0.8 であった。

回帰直線の傾きは,1.1 であった。

回帰直線の y 切片の値は,10 であった。

ア 回帰直線の y 切片の値から,今年度の問題の得点が 0 点の人でも,昨年度の問題では 10 点程度とれることが分かる。

イ 回帰直線の傾きから,今年度の問題の平均点は,昨年度の問題の平均点の 1.1 倍であることが分かる。

ウ 回帰直線の傾きと y 切片の値から,今年度の問題は昨年度の問題に比べて得点しやすい傾向にあることが分かる。

エ 回帰直線の傾きと相関係数の値から,今年度の問題は出来が良いことが分かる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。回帰直線の y 切片の値から、昨年度の問題の得点が 0 点の人でも今年度の問題では 10 点程度とれる。

イ:誤り。回帰直線から今年度の問題の平均点は、昨年度の問題の平均点を 1.1 倍し、 10 を加算した値になる。

ウ:正しい。

エ:誤り。相関係数の値からは、今年度の問題は出来が良いことはわからない。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]