基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成15年 秋期 基本情報技術者 午前 問80
問80   不正アクセス禁止法

 不正アクセス禁止法による不正アクセス行為の処罰に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア コンピュータが被害を受けた場合に限り,不正アクセス行為として処罰の対象となる。

イ コンピュータネットワークを介さずに,当該コンピュータのキーボードから他人のパスワードを不正に入力して侵入した場合も,不正アクセス行為として処罰の対象となる。

ウ 他人のパスワードを,その保有者又はアクセス管理者に無断で流出させる行為は,不正アクセス行為として処罰の対象とはならない。

エ パスワードなどのアクセス制御機能をもたないコンピュータの場合は,管理者の承諾を得ずに侵入しても,不正アクセス行為として処罰の対象とはならない。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。コンピュータが被害を受けなくても不正アクセスの行為は処罰の対象となる。

イ:誤り。コンピュータネットワークを介さない場合は、不正アクセス行為として処罰の対象とならない。

ウ:誤り。他人のパスワードをその保有者又はアクセス管理者に無断で流出させる行為も不正アクセス行為として処罰の対象となる。

エ:正しい。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]