基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成15年 秋期 基本情報技術者 午後 問01
問01   関係データベース

 関係データベースに関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 次のような受講生表,スクール表,地区表からなる関係データベースがある。 地区内には,複数のスクールがあり,各スクールに複数の講座がある。 受講生は,複数の講座を受講することが可能であり,異なったスクールの講座を 受講する場合もある。

受講生表

受講生番号 スクール番号 講座 ID

スクール表

スクール番号 スクール名 講師数 地区コード

地区表

地区コード 地区名

基本情報技術者試験


設問1 スクールごとに受講生数を集計した,スクール別受講状況表をビューとして作る。 そのための SQL 文中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。 ここで,受講生数とは,受講生の延べ人数である。

スクール名 地区名 受講生数 講師数

CREATE VIEW スクール別受講状況表 (スクール名, 地区名, 受講生数, 講師数)
  AS SELECT FROM 受講生表 J, スクール表 S, 地区表 T
   WHERE J.スクール番号 = S.スクール番号 AND S.地区コード = T.地区コード
   GROUP BY

解答群

ア S.スクール名, T.地区名, COUNT(J.受講生番号), S.講師数

イ S.スクール名, T.地区名, SUM(J.受講生番号), S.講師数

ウ S.スクール名, T.地区コード, S.講師数

エ S.スクール名, T.地区名, S.講師数

オ S.スクール番号, T.地区コード, S.講師数

カ S.スクール番号, T.地区名, S.講師数

解答 a ←クリックすると正解が表示されます

解答 b ←クリックすると正解が表示されます

基本情報技術者試験


設問2 スクール別受講状況表は,次のとおりとする。

 スクール別受講状況表

スクール名 地区名 受講生数 講師数
第一  A 100 3
第二  C 2,000 10
第三  C 1,000 10
第四  B 200 3
第五  B 1,000 3
第六  B 300 3
第七  A 200 5
第八  C 60 1
第九  D 20 1
第十  D 15 1
第十一 A 20 2
第十二 B 10 3

 次の SQL 文の結果は1件であった。 そのときの SUM ( 講師数 ) の値として正しい答えを,解答群の中から選べ。 ここで,SQL 文の句は,FROM 句,WHERE 句,GROUP BY 句,HAVING 句,SELECT 句の順に適用される。

SELECT 地区名, SUM(講師数), COUNT(スクール名) FROM スクール別受講状況表
  WHERE 講師数 < 5 GROUP BY 地区名 HAVING SUM(講師数) > 5

解答群

ア 5    イ 11    ウ 12    エ 14

解答 ←クリックすると正解が表示されます

基本情報技術者試験


設問3 講師1人当たりの受講生数が 30 人未満の地区を検索したい。 次の SQL 文中の に入れる正しい答えを, 解答群の中から選べ。

  SELECT 地区名 FROM スクール別受講状況表 GROUP BY 地区名

解答群

ア HAVING AVG(受講生数/講師数) < 30

イ HAVING SUM(受講生数)/SUM(講師数) < 30

ウ WHERE AVG(受講生数/講師数) < 30

エ WHERE SUM(受講生数)/SUM(講師数) < 30

解答 ←クリックすると正解が表示されます

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [基本情報技術者試験TOP ]