基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成16年 春期 基本情報技術者 午前 問24
問24   フォーマット処理

 パソコンでの記憶媒体のフォーマット処理に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 磁気ディスクでは,物理フォーマットの処理に先立って,論理フォーマットを行う必要がある。

イ 物理フォーマットでは,磁気ディスク上にパーティションを作成し,装置として認識可能にする。

ウ 論理フォーマットでは, OS 固有のファイルシステムの管理領域や実際に記録される データの論理的な位置を設定する。

エ 論理フォーマットでは,不良セクタの検査を同時に行う。エラー発生時には予備領域内の 正常なセクタを不良セクタの代替とすることができる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

フォーマット処理とは、物理フォーマットと論理フォーマットの2種類がある。

物理フォーマット
初期化の事である。 検査を行い、エラー発生時には予備領域内の正常なセクタを不良セクタの代替とする。

論理フォーマット
物理フォーマット後に行われるフォーマット処理である。 OS 固有のファイルシステムの管理領域や実際に記録されるデータの論理的な位置を設定する。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]