基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成16年 春期 基本情報技術者 午前 問42
問42   プログラムの性質

 複数のプロセスから同時に呼び出されたときに、互いに干渉することなく並行して 処理することができるプログラムの性質を表すものはどれか。

ア リエントラント      イ リカーシブ     ウ リユーザブル       エ リロケータブル
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

(ア)リエントラント(再入可能):
複数のプログラムルーチンから、同時かつ非同期に呼び出されることが可能なプログラム性質を指す。 干渉せずに同一プログラムを不都合が生じない様、安全対策が施されているルーチンである。よって正解。

(イ)リカーシブ(再帰的):
複数のプログラムルーチンから、さらに自分自身を呼び出す様なプログラム性質のことを指す。 この再帰的な呼び出しを利用することにより、複雑な処理を非常に単純化させ実現できる場合がある。

(ウ)リユーザブル(再使用可能):
リユーザブルとは、再ロードをせずに繰り返し実行可能なプログラム性質である。

(エ)リロケータブル(再配置可能):
メモリ内であれば、どこにでも配置可能なプログラム性質を指す。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]