基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成16年 春期 基本情報技術者 午前 問43
問43   木構造

 データ構造の1つである木構造に関する記述として、適切なものはどれか。

ア 階層の上位から下位に節点をたどることによって、データを取り出すことができる構造である。

イ 格納した順序でデータを取り出すことができる構造である。

ウ 格納した順序とは逆の順序でデータを取り出すことができる構造である。

エ データ部と1つのポインタ部で構成されるセルをたどることによって、データを取り出すことができる構造である。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 木構造とは、グラフ理論の木の構造をしたデータ構造のことで階層構造をなしている。別名、 ツリー構造。枝でつながった2つの節点のうち、根に近い方を親 ( root )、 葉 ( leaf ) に近い方を子といい、同じレベルの節点同士を兄弟という。 階層上位から下位に節点をたどりデータを取り出す。よって、正解は(ア)。

:木構造に関しての説明。よって、正解である。
:キューに関しての記述。
:スタックに関しての記述。
:リスト構造に関しての記述。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]