基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成16年 秋期 基本情報技術者 午前 問07
問07   部品の不良品の発生率

 ある工場で製造している部品の長さの誤差は,平均 0 mm, 標準偏差 0.5 mm の正規分布に従っている。 誤差の許容範囲が±1 mm のとき,不良品の発生率は何%になるか。 標準正規分布表を用いて最も近い値を選べ。

      標準正規分布表

確率変数 分布関数値 確率密度関数値
0.00 0.5000 0.3938
0.50 0.6915 0.3521
1.00 0.8413 0.2420
1.50 0.9332 0.1296
2.00 0.9773 0.0540
2.50 0.9938 0.0175
3.00 0.9987 0.0044
3.50 0.9998 0.0009

ア 2.3     イ 4.5     ウ 5.4     エ 15.9


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 誤差の許容範囲が±1mmで、標準偏差が、 0.5 mm だから、
確率変数=(1−0)÷ 0.5 =2 となる。問題の標準正規分布表より、 確率変数が2の場合、分布関数値は、0.9773 となる。

 不良品発生率は、
 不良品発生率=(1− 0.9773 )×2= 0.0454 となり、4.5 %となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]