基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成16年 秋期 基本情報技術者 午前 問48
問48   オープンソースに関する記述

 オープンソースに関する記述として,適切なものはどれか。

ア 一定の条件の下で,ソースコードの変更を許している。

イ 使用分野とユーザを制限して再配布できる。

ウ 著作権は,放棄されている。

エ 無償で配布されなければならない。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 オープンソースについては以下の定義( The Open Source Definition, OSD)が存在し、 その全てを満たして初めてオープンソースとして扱われる。

1.自由な再頒布
2.ソースコードの公開
3.派生ソフトウェア
4.作者のソースコードの完全性( Integrity )(修正の許可)
5.個人やグループに対する差別の禁止
6.利用する分野( Fields of Endeavor )に対する差別の禁止
7.ライセンスの分配( Distribution )
8.特定製品でのみ有効なライセンスの禁止
9.他のソフトウェアを制限するライセンスの禁止
10. ライセンスは技術中立的でなければならない

ア:4により、定義されている。よって、正解である。

イ:5により、認められていない。

ウ:著作権についての記述はなく、また著作権は特段の契約でしか放棄する ことができない。

エ:無償である必要はない。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]