基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成17年 春期 基本情報技術者 午前 問21
問21   メモリインタリーブに関する記述

 コンピュータの高速化技術の一つであるメモリインタリーブに関する記述として, 適切なものはどれか。

ア 主記憶と入出力装置,又は主記憶同士のデータの受渡しを CPU 経由でなく直接やり取りする方式

イ 主記憶にデータを送り出す際に,データをキャッシュに書き込み,キャッシュがあふれたときに主記憶へ書き込む方式

ウ 主記憶のデータの一部をキャッシュにコピーすることによって,レジスタと主記憶とのアクセス速度の差を縮める方式

エ 主記憶を複数の独立して動作するグループに分けて,各グループに並列にアクセスする方式


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 メモリインターリーブは、主記憶装置を複数の区画(バンク)にわけ、 各バンクを並列に動作することによって高速化する技術である。 通常、主記憶装置へのアクセスは連続したアドレスを使用することが 多いので4つのバンク分けた場合、1回のアクセスでバンク 0 から バンク 3 まで4つのバンクを並列にアクセスすることが可能になる。

ア:主記憶と入出力装置,又は主記憶同士のデータの受渡しを CPU 経由でなく 直接やり取りする方式は、DMA 転送である。

イとウ:主記憶にデータを送り出す際にデータをキャッシュに書き込みレジスタと 主記憶とのアクセス速度の差を縮める方式は、キャッシュメモリである。

エ:主記憶を複数の独立して動作するバンクに分けて、各バンクに並列にアクセスする ことによって、アクセス時間を短くする高速化技術はメモリインタリーブである。

【平成14年秋 問21】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]