基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成17年 春期 基本情報技術者 午前 問68
問68   VPNのセキュリティ

 インターネット VPN のセキュリティに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア IP アドレスを悪用した不正アクセスや侵入の危険性はないので,IP アドレスも含めたパケット全体の暗号化は必要ない。

イ インターネット VPN の仮想的なトンネルは特定 LAN 間の専用通路であるから,通過するデータに対する盗聴防止の機能はない。

ウ 仮想的なネットワークを形成するものであり,ネットワークに参加する資格のない第三者による盗聴や改ざんを防御できない。

エ ネットワークに参加する資格のある個々人を識別する能力はない。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 インターネット VPN(Virtual Private Network)は、インターネット上の仮想的なプライベートネットワークで、 遠隔地のネットワークとの間にトンネルを作成して、ネットワーク接続しているように使用できる。

(ア)誤り インターネットを使用しているので、不正アクセスや侵入の危険性がある。

(イ、ウ)誤り 通過するパケットを暗号化することにより、 第三者による盗聴や改ざんを防御できる。

(エ)正しい


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]