基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成17年 秋期 基本情報技術者 午前 問14
問14   2分探索に関する記述

 2分探索に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 2分探索するデータ列は整列されている必要がある。

イ 2分探索は線形探索より常に速く探索できる。

ウ 2分探索は探索をデータ列の先頭から開始する。

エ  n 個のデータの探索に要する比較回数は, n log2 n に比例する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

2分探索は、整列されているデータの全体の要素を半分に分け、探索するキーが 入っている可能性のある半分について探索を行う。 n個の要素を探索する場合、平均比較回数は、 「log2n 」である。

探索するデータが最初の方にある場合は、線形探索の方が速い場合がある。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]