基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成17年 秋期 基本情報技術者 午前 問19
問19   MIPSの計算

 動作クロック周波数が 700 MHz の CPU で,命令の実行に必要なクロック数と その命令の出現率が表に示す値である場合,この CPU の性能は約何 MIPS か。

命令の種別 命令実行に必要なクロック数 出現率(%)
レジスタ間演算 4 30
メモリ・レジスタ間演算 8 60
無条件分岐 10 10

ア 10     イ 50     ウ 70     エ 100


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

MIPS( Million Instructions Per Second )は、1秒間に平均何百万回の命令を 実行できるかを表す数値である。

表のようなクロック数と命令の出現率の場合、 1命令を実行するのに必要なクロック数は、以下のようになる。

4× 0.3 +8× 0.6 +10 × 0.1 =7

1秒間に処理できる命令数は

700,000,000÷7=100,000,000 となる。

MIPS は、100 となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]