基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成17年 秋期 基本情報技術者 午前 問49
問49   ジョブスケジューリングの特徴

 コンピュータシステムにおけるジョブスケジューリングの特徴のうち,適切なものはどれか。

ア CPU に割り当てるジョブを OS が強制的に切り替えるタイムスライス方式では,タイマ割込みが多発するので,スループットが低下する。

イ FCFS(first-come first-served)方式のジョブスケジューリングは,ジョブ間に CPU を公平に割り当てるので,スループットや応答時間の保証が可能となる。

ウ 対話型処理とバッチ処理が混在するシステムでは,対話型処理の優先度を高くすることによって,対話型処理の応答性能の向上が期待できる。

エ 入出力を多用するジョブよりも CPU を多用するジョブの処理優先度を上げた方が,CPU の待ち時間が少なくなるので,全体のスループットの向上が期待できる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り  タイマ割込みの処理時間は短いので、スループットは低下しない。

イ:誤り  FCFS 方式のジョブスケジューリングは、最初に来たジョブに優先的に CPU を割り当てるので、 他のジョブの応答時間が長くなる。

ウ:正しい

エ:誤り  入出力を多用するジョブは、入出力に時間がかかるため、ジョブの処理優先度を上げても 全体のスループットの向上は期待できない。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]