基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成17年 秋期 基本情報技術者 午前 問48
問48   入力漏れの確認

 様式が複数ある伝票から,様式ごとに定められた項目のデータを入力する。 入力漏れがないことを確認するためにプログラムで最初に実行すべき処理として,適切なものはどれか。

ア 伝票の様式ごとに定められた項目数と入力された項目数を比較する。

イ 伝票の様式を示すコードを使って,入力された項目のデータ形式を検査する。

ウ 入力された項目の内容が,伝票の様式で指定されたデータ形式と一致していることを確認する。

エ マスタファイルと突き合わせて,入力された項目の内容が正しいことを確認する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

複数の伝表の様式ごとに決まっている項目数と入力された項目数を比較することによって、 入力漏れがないことを確認することができる。 ア:正しい

イ:誤り  データ形式の検査だけでは、入力漏れは確認できない。

ウ:誤り  伝票の様式で指定されたデータ形式と一致しているかの検査だけでは、入力漏れは確認できない。

エ:誤り  入力された項目の内容が正しいはチェックできるが、入力漏れは確認できない。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]