基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成18年 春期 基本情報技術者 午前 問14
問14   2分探索法

 昇順に整列済の配列要素A(1),A(2),…,A( n ) から, A( m ) = k となる配列要素A( m ) の添字 m を 2分探索法によって見つける処理を図に示す。 終了時点で m = 0 の場合は,A( m ) = k となる要素は存在しない。 図中のaに入る式はどれか。 ここで,/ は,小数点以下を切り捨てる除算を表す。

ア ( x y ) → m         イ ( x y ) /2 → m

ウ ( x y ) /2 → m       エ ( y x ) /2 → m


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

2分探索法は、ソートされたデータの中央のデータと探索するデータを比較し、 前方にあるか後方にあるかを判断する。探索するデータが、 前方にあるの場合は、次に前半のデータの中央のデータと比較する。 この操作を繰り返すことによって、データを探索する。

流れ図では、空欄でmの値を求める必要がある。 mは、中央の値になるので、( x y ) /2 → m となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]