基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成18年 春期 基本情報技術者 午前 問31
問31   スループットに関する記述

 スループットに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア ジョブとジョブの実行の間にオペレータが介入することによってシステムに遊休時間が生じても,スループットには影響を及ぼさない。

イ スループットは CPU 性能の指標であり,入出力の速度,オーバヘッド時間などによって影響を受けない。

ウ 多重プログラミングはターンアラウンドタイムの短縮に貢献するが,スループットの向上にはあまり役立たない。

エ プリンタへの出力を一時的に磁気ディスク装置へ保存するスプーリングは,スループットの向上に役立つ。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。オペレータが介入することによって、スループットの低下する。

イ:誤り。スループットは CPU 性能の指標指標ではない。

ウ:誤り。多重プログラミングによって、スループットは向上する。

エ:正しい。

【平成16年秋 問37】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]