基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成18年 春期 基本情報技術者 午前 問35
問35   ADSLの特徴

 ADSL の特徴として,適切なものはどれか。

ア アナログ電話とデータ通信とで使用する周波数帯域を分けることによって,両者の同時利用を可能としている。

イ スプリッタを用いてアナログ電話と PC を同時利用する場合には,PC だけの単独利用に比べ,通信速度が低下する。

ウ 上り(利用者から電話局への方向)と下りの通信速度が異なり,上りのデータ量が多い通信アプリケーションに適している。

エ 複数の 64 k ビット/秒のチャネルを束ねて伝送に用いることによって,高速通信を実現している。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line )は、一般のアナログ回線の 高周波数帯を使ってデータ通信を行う技術である。

電話局からパソコン(ダウンロード)の通信速度の方が、パソコンから電話局(アップロード)の方より 通信速度が速いので「非対称( asymmetric )」である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]