基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成18年 春期 基本情報技術者 午前 問40
問40   オブジェクト指向の再利用技術

 オブジェクト指向における,開かれた(ホワイトボックス型)再利用とは, 基底クラスに対して,サブクラスを作ることによって,基底クラスのデータや機能を 再利用することである。 この方式のオブジェクト指向の再利用技術に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 基底クラスで定義したデータが保護されるので,安全性の高いプログラムが開発できる。

イ 基底クラスで定義したデータや機能に対する差異をサブクラスに記述すればよく,開発効率が良い。

ウ 基底クラスの変更は,サブクラスに影響しない。

エ 基底クラスを複数のアプリケーション開発に利用することはできるが,そのサブクラスを再利用することはできない。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

オブジェクト指向 では、既存のクラスの性質を受け継がせた新しくクラスを作成することができる。 この場合、既存のクラスを「基底クラス」とよび、新しく作成したクラスを 「サブクラス」とよぶ。

基底クラスで定義したデータや機能に対する差異をサブクラスに記述すればよいので開発効率が良い。

サブクラスが基底クラスの性質を受け継ぐことを「継承」とよぶ。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]