基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成18年 春期 基本情報技術者 午前 問68
問68   サラミ法

 コンピュータ犯罪の手口の一つであるサラミ法はどれか。

ア 回線の一部に秘密にアクセスして他人のパスワードや ID を盗み出してデータを盗用する方法である。

イ ネットワークを介して送受信されている音声やデータを不正に傍受する方法である。

ウ 不正行為が表面化しない程度に,多数の資産から少しずつ詐取する方法である。

エ プログラム実行後のコンピュータ内部又はその周囲に残っている情報をひそかに探索して,必要情報を入手する方法である。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

サラミ法 とは、周囲に気づかれないようにサラミソーセージを薄く削り取って食べるように、 多数の資産から少しずつ搾取していく不正行為の手口である。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]