基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成18年 春期 基本情報技術者 午前 問76
問76   マキシミン戦略を採った場合の利得

 A社とB社がそれぞれ2種類の戦略を採る場合の利得が表のように予想されるとき, 両社がそれぞれのマキシミン戦略を採った場合のA社の利得はどれか。 ここで,表の各欄において,左側の数値がA社の利得,右側の数値がB社の利得とする。

 

B社

  戦略 b1 戦略 b2
A社 戦略 a1 −15,  15  20,  −20
戦略 a2 5,  −5 0,  0
ア −15       イ 0       ウ 5       エ 20


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

マキシミン戦略 は、いくつかの選択肢があるとき、それぞれの選択によって、 最悪の場合でも得られる利得を考え、最悪の場合の利得が最大になるものを選ぶ戦略である。

A 社の B 社のそれぞれの場合の利得は、表のようになる。

よって、マキシミン戦略では、A 社は戦略 a2、 B 社は戦略 b1 を選択するので、 A 社のの利得は、5となる。

◎ A 社の場合

  B 社 A 社の利得
A 社 戦略 a1 戦略 b1  -15
戦略 b2  20
戦略 a2 戦略 b1  5
戦略 b2  0

◎ B 社の場合

  A 社 B 社の利得
B 社 戦略 b1 戦略 a1  15
戦略 a2  -5
戦略 b2 戦略 a1  -20
戦略 a2  0

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]